BLOGBLOG

2020.02.06

初期費用0で太陽光発電システムと蓄電池が設置可能です。

アセット 2

、昨年の台風19号の被害の記憶も新しい所ですが、太陽光発電を設置した千葉県のお宅で停電した状態で太陽光発電の恩恵を十分に受けていたのでしょうか?

当たり前の話ですが、太陽光発電は太陽の出ている時間しか使えませんので、夜は電気を使用することが出来ません。その他の震災で、もし電気が自宅に通電されない状態になった時、太陽光発電があれば解消されるようなイメージをお持ちの方が多く、大半の方がそのことを概念的に見落としているところだと思います。

太陽光発電の欠点を解消するのが、蓄電池システムです。昼間発電したエネルギーを蓄電池に貯めておき、夜等必要時に使用することが出来ます。都内であれば3日分の夜間電力を貯めておく蓄電池の容量があれば、大方の災害にも大丈夫ではないかと言われています。又、今後の電力事情で注目すべきことは、増々電気料金が上がり、下がることはあり得ない傾向にあることです。つまり、この先光熱費が生活に多大な負担を掛けることになります。今後の地球規模の課題として、化石燃料に依存するエネルギーを再生可能なエネルギーに転換することが急務だということは、皆さんも認識又はお聞きおよびのことと思います。CO2削減の為、今後の国の方針として、高層ビルや体育館や公会堂を含めた建物の木造化、太陽光発電やエコキュートを利用した創エネルギーの普及を目指しています。そして、現在行われている売電は近い将来無くなり、自らの作った電気エネルギーを自ら使用する方向に変わりつつあります。したがって、太陽光発電にはエネルギーを貯めて置ける蓄電器システムが欠かせないアイテムとなります。しかしながら、まだ蓄電池は高額で一般的には太陽光発電システムのみの設置で終わってしまうのが一般的な状況です。そこで、今回ご紹介するのは初期費用0で太陽光発電システムと蓄電池を設置できるご提案です。

省エネ機器の定額利用サービス『ソーラーエネカリ+蓄電池エネカリ』。

今なら蓄電池も3月までの申し込みで助成金がもらえますので、おトクに設置できるチャンスです。

『エネカリ』は住宅用太陽光発電初期費用ゼロ推進事業の対象サービスです。

“東京都住宅用太陽光発電初期費用0推進事業”→助成金額;太陽光発電1kw当たり10万円

資産は無料!  まずはお問合せ下さい!

BY 野口

share