kadoya-kensetsu | 株式会社 カドヤ建設

前回お伝えいたしましたように昨年11月末より大田区山王3丁目池上通り沿いにカドヤ不動産の本社ビルを建築しています。この場所は現在の本社の左隣で、元々カドヤ不動産が創業した場所になります。鉄骨造3階建て、建築面積132.88㎡(10.19坪)、延べ床面積357.73㎡(108.21坪)1階は不動産の店舗、2~3階は管理事務所や会議室・倉庫などで、全てカドヤ不動産が使用いたします。

■建物概要
施主:株式会社カドヤ不動産
設計・施工:株式会社カドヤ建設
デザイン監修:KBKS一級建築士事務所
構造:鉄骨造3階建
建築面積:132.88㎡(10.19坪)
延床面積:357.73㎡(108.21坪)
完成予定日:令和6年7月

■目次
1杭工事
2山留工事並びに掘削(根切工事)
3地業・捨てコンクリート打設
4墨出し及びアンカーセット工事

1.杭工事
解体後敷地内2カ所で行いました地質調査(ボーリング試験等)の結果で計算された構造計算の仕様により杭工事を行います。

2.山留工事並びに掘削(根切工事)
掘削により周囲の土がこぼれない様山留の為のH鋼を打ち込みますが、このH鋼の強度も構造計算により仕様と長さが決定されます。

3.地業・捨てコンクリート打設
地業工事により地固めを施した後に基礎杭の位置を墨出しする為に捨てコンクリートを打設いたします。
読んで字のごとく、建物の強度には関係なく、墨出しと地固めした土が荒れることを防ぐための作業です。

4.墨出し及びアンカーセット工事
ココでミスがあると今後の作業に多大な影響が出ますので、何回も複数人で確認いたします。

本日これまでです。
次回は基礎梁の配筋作業からお送りいたします。
ここまでお読みいただき有難うございました。

BY野口